優婆尊(うばそん)

今日は優婆尊をご紹介します。

羽黒に一際高い杉の大木があります。こちらが優婆尊です。

地元では「うばさま」と慕われています。

毎月19日・20日と大祭時に御開帳されます。

歴史ある建物です。

安産・子育て・無病延命のご利益があります。

詳しい説明は一番下でご覧ください。

天平5年(西暦733年・奈良時代)僧侶行基(ぎょうき)が65歳の時この地を訪れていた際に
村人より変わった木があると伝えられ、御祈祷したところ霊木と見抜きどの様な仏像を彫刻しようかと迷った時、お告げにより尊像・優婆尊を4体彫刻されたと伝えられているそうです。

天正14年(西暦1586年・安土桃山時代)出湯の華報寺(けほうじ)住職の夢枕に立った優婆尊のお告げから現在の場所にお堂を建てられたと伝えられてるそうです。華報寺にも1体の優婆尊が祀られています。残りの2体の行方はどうなんでしょうか?詳しいことは今度聞いてみましょう。

現在のお堂は安永6年(西暦1777年・江戸時代)に建てられたものです。

優婆尊は難産・難病を救ったと言われ安産・子育て・無病延命のご利益があるので
是非こちらに来られた際はお立ち寄りください。

また、最近では1月11日の地元紙・新潟日報にも掲載されていましたが
地元の有志たちの努力で登録有形文化財に申請されました。

 

優婆尊では、お参りする際に「おんはらまにそわか」とお唱えするそうです。彫刻された行基は法相宗ですが、お堂を建てられた華報寺さんは真言宗なので「おんはらまにそわか」とお唱えするのでしょうね。現在管理されておられるのは次郎丸にある曹洞宗の高徳寺さんです。

2

2020世界の洋らん展

恒例になりました。サントピアワールドさんでの大人気行事が今年も開催されます。

ご覧になりたい方は、優待券をお出ししますのでご宿泊時にお伝えください。

 

2

気がつけば

気が付けば今年に入り1ヶ月も経ってしまいました。

遅くなりましたが本年も宜しくお願いします。

1月12日には無病息災、五穀豊穣を祈願する塞ノ神も行われました。

2月23日は山野まつりもあります。

2

今年もご愛顧いただき厚く御礼申し上げます

みなさん。今年一年はいかがでしたか

平成から令和に代わりに

消費税も8%から10%へ変わりました。

良くも悪くも多くの出来事がありました。

来年はみなさんが今年以上に良い年になれますように。

ご覧の通り、村杉には雪がありません。年明け寒くなってから雪は積もることかと思います。

冷えた心も体もあったかい温泉につかりながら温まってください。

今年も一年 ご愛顧いただき 厚く御礼申し上げます。

来年もどうぞ宜しくお願いします。

5

暖冬のため

今年は暖冬のため

例年になく白鳥の飛来数が

非常に少ないようです。

そうは言っても、瓢湖に行けば

鴨や白鳥がわんさといます。

白鳥のエサを撒けば

多くの鳥たちが集まってきます。

今だけの体験をしてみてください。

 

6

秋冬は食べ物が美味しい

季節ですね~ 山菜が沢山取れます

写真は、左上がかきの木茸 右上がムキタケ 右下がなめこです。

村杉温泉に来られる際は、地元の食材を多くお出ししますので、

旬の新潟を楽しんでください。

 

秋冬の風物詩

この時期には、こちら鮭の寒風干しですね。

旨味がギュッと閉じ込められます。

4

一年の始まりはこちらで

1年の始まりは、あんこう鍋・カニ鍋・すき焼きのいずれかをお選びください。

寒い冬には温まるお鍋でお楽しみください。

 

オプションで鯉料理もお出しできます。

昔ながらの鯉の甘露煮でも味わってください。

7

ねがいの小路

秋も段々と終わりに近づいていますね

薬師堂を眺めれば

赤に黄、茶色に緑とカラフルな色合いです

上を眺めても

眼を下におろしても

気持ちがいいくらいに

素敵な色が迎えてくれます

ねがいの小路でほっと一息

寛いでください。

6

なめこ

先日、お客さんをご案内した時に魚止めの滝で

大きななめこを見つけました。

お客さんに採っていただき、お食事に料理に出させていただきました。

ご自身で採られたなめこは、また格別だったと思います。

7